04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ニュー・ワールド

324032view002.jpg


試写会で見て来ました。
アメリカで最も有名な伝説の愛の物語だそうで、私は、例のごとく何も知りません。

それにディズニーでも「ポカホンタス」という映画があったそうで、それも未見だし。。まぁ、何も知識が無い分興味津々だったのです。

コリン・ファレルも最近いい演技するようになって来たしね。
でも、この映画の主役は、あくまでもポカホンタスなんですよね。

世界を開拓しようとするイギリス人にコリンちゃん。
その新大陸に住んでいたネイティヴ・アメリカンのポカホンタス。
二人のある意味禁断の愛の物語。そして後からまた選択を迫られる愛もありこのポカホンタスの波乱の人生がちょっと切なくも感じたりして。

どっちの愛を取るかそれは、人それぞれだけど私ならポカホンタスと同じ選択をしたし、もう一人の彼クリスチャン・ベールがこれまたカッコイイし、優しいのですよ、ほんと。(〃∇〃) きゃっ♪

最後までクリスチャンとはわからなかったわぁ~。
とてもすてきな役で、ちょっとコリンちゃんがかすんで見えてしまいました。女の人なら誰でもクリスチャンを選んじゃうだろうなぁ。

この映画の映像がほ~んときれいで緑の色、海の色どれをとっても癒されます。
話も言葉も通じないので目の表情とかパントマイムだけで話しが淡々と進んでいきます。

だから、美しい世界がそのまま目に入って来たり、自然の心地よさを感じられます。そこだけはポント高し。

だからでしょうか、最後の最後でポカホンタスが気持ちの整理をつけたところで、アァ~そうなってしまうのね、って運命が悲しくてちょっとウルウル来てしまいました。

それにしてもこの映画長くてダレてしまうんだけれど、好きな人には好きな世界だと思います。私?最初の方は眠気との戦いでしたよ(爆)
スポンサーサイト

theme : ☆試写会☆
genre : 映画

興味津々

私はディズニーのポカホンタスしかしらないので とっても気になっていますi-237
私的におお泣きしたら、風邪が かなり回復しました(風邪菌が目から出たかもi-230
昨日は一日映画館入りしてまして ついにロチェ様を拝見致しましたぁ~ ぷはぁ~i-176

★fumipopo3号さん

そうだ、ディズニー大好きfumipopoさんなら、好きな映画かもしれない。v-238
私は、反対にディズニーバージョンが見てみたいな。
風邪が直ってよかったね。
リバティーンのジョニーにも会えてよかったわ。

そうそう!ベイルです!

こんばんわ!
不思議な印象の映画でした。
私なんか、アロマシートなるもので鑑賞してしまったので余計にポヤ~っとしてしまいましたよ(笑)

べイルが素敵でしたね。私、コリンが大の苦手なので彼については割愛いたしますが・・・今回のベイルはホントに素敵でした♪

★睦月さん

私、最後までクリスチャン・ベールだなんてわかりませんでした。
静かな演技が、とてもステキでしたよね。アロマ演出は、ちょっと体験してみたいかも。
酔いそうですね(笑)
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ニュー・ワールド」

「ニュー・ワールド」  公式サイト 劇場鑑賞ゆづの好き度 ★★☆  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月22日公開  上映時間135分この映画、松竹の配給だったんですね。くっ付いている予告編も、見慣れない作品があって面白かった。でもね、松

「ニュー・ワールド」

サロンパス ルーブル丸の内で 「ニュー・ワールド」を観て来ました。 イギリスの冒険家ジョン・スミスと ネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタスの実話を元に描いた ラブストーリー映画。 冒険家スミスを「アレキサンダー」のコリン・ファレル、 ポカホンタスを15歳の新

ニュー・ワールド

運命の邂逅は、美しく壮大な抒情詩になる

ニュー・ワールド/The NEW WORLD

33年間でたったの4本しか撮っていないのに、その全ての作品が評価されてるテレンス・マリック監督の7年振りの最新作コリンファレルの最新作、ではない。(笑今回はラブストーリー?! 濃すぎる顔のコリンと中学生くらいにしか見えない女の子との恋愛??!ポスターを一見

ニュー・ワールド

評価:★7点(満点10点)監督:テレンス・マリック主演:コリン・ファレル クオリアンカ・キルヒャー    クリストファー・プラマー2005年 135min1607年、新大陸を開拓し、黄金を手に入れようとするイギリスの船が北アメリカのヴァージニ....

ニュー・ワールド

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ マイナスイオンムービー 

現実と夢の狭間のメロドラマ。『ニュー・ワールド』

イギリスから入植者、ジョン・スミスと、アメリカ先住民の少女、ポカホンタスのラブストーリーです。

映画「ニュー・ワールド」

原題:The New World時代は1607年、アメリカ・ヴァージニア、インド航路を開くべく帆船が新大陸に流れ着き、その地で彼らは新世界を築こうと入植するのだが・・・。 ネイティブ・アメリカンとの交流を図るべくジョン・スミス(コリン・ファレル)達は川上に進むが、囚わ

『ニュー・ワールド』2006・4・29に観ました

『ニュー・ワールド』  公式HPはこちら ●あらすじ1607年、植民地を求め長い航海の末に北アメリカのヴァージニア近辺に辿り着いたイギリス船。しかし、そこには先住民が存在した。先住民との交渉役を任されたジョン・スミス(コリン・ファレル)は捕えられ処刑

ニュー・ワールド

ニュー・ワールドを見てきました。なんとも感想が書きづらい映画です(汗)全体的に静かで奥に秘めた感情みたいなものが表現されているようでした。2時間半ちかく、淡々とした感じで進んでいくのには、さすがに辛かった~長い!エンドロールも音楽がなく、小鳥のさえずりな

ニュー・ワールド

上映してからかなり日が経ちますがやっと見ることができました。上映時間が少し長いなって感じましたが愛についての深いテーマ、しかと心に響いてきました。不思議なゆっくりとした撮影方が私には心地よかったです。これが本日の1本目です。1607年、イギリスを出航し...

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

アクセル

Author:アクセル
ジョニーを好きになってから映画が大好きになりました。
ミーハーなのでお気に入りの人が増殖中(笑)
そして、遅咲きながらロックにも嵌ってます。
韓ドラやK-POPも大好き。
こちらもミーハーしています(笑)

■私の好きな俳優
♥ジョニー・デップ
ユアン・マクレガー
ジョナサン・リース・マイヤーズ

■好きなバンド
Guns N' Roses
Negative
Cinema bizarre
COLDPLAY
Linkin Park
Velvet Revolver
Saliva

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめ商品

ジョニー・デップDVD情報

サーチ

英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。