03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■リトル・ダンサー



タイトル: リトル・ダンサー
監督: スティーヴン・ダルドリー
ジェイミー・ベル
アダム・クーパー

「白鳥の湖」を見てきてからこの映画がその題材に使われていると知って見て見ました。
久々にいい映画を見ました。この映画は、感動モノです。
以下かなりネタバレです。

最初は、父の命令でボクシングをしていましたが、隣で練習しているバレエに興味を持ち気が付けばいつのまにか踊っていた(笑)少年ビリー。

主役のビリーの踊りは、ほんとに躍動感があり、見ていても楽しさが伝わってきます。
楽しい表現、怒りの表現、すべて踊りで見せてくれるビリーは、子役ながらすごいです。
めちゃくちゃ上手いというわけでは、ないけれどほんとに開放感に満たされ踊りが好きなんだぁ~という感情が伝わってきます。

でも、この映画で一番すてきなのは、やはり父親でしょう。
炭鉱で働く硬派な父。最初は、バレエなんて女のするものだと頑として許そうとしない頑固親父。
それが、ビリーが見せたダンスを見てやっと子供の才能を伸ばして上げたいと自分の信念を曲げてしまいます。子供のためにとストの中の仕事に出ます。でも、それは炭鉱仲間にとっての裏切り行為にあたります。仕事に乗り込むバスの中に自分の父親を発見して唖然とする兄。
同じ仕事をしている同士でありながら、そんな父の裏切りが信じられません。

父は、未来のあるビリーのためにこうしなければいけないと。。それを聞いて兄も「お金の作り方は、いろいろある」と言い聞かせ連れて帰ります。このシーンは、もう泣けます。とにかく親の愛を感じさせます。兄の親に対する思いも感じます。そしてビリーを応援しようと地域ぐるみの愛を感じます。

なんとか資金を工面してロイヤルバレエ学校の試験を受けますが、その合否通知を受け取ってビリーが見るまでの家族の表情が楽しいです。私の好きなシーンです。そしてお別れのシーンも号泣!おばあちゃん可愛いすぎでこれまた泣ける。

25歳になったビリーの舞台を見にお父さんと兄は出かけますが、このとき隣の席にマイケルが。。。
このマイケルがとてもかわいい男の子でオカマちゃんなんです。あのワンピース姿、私でもドキドキしちゃいました。あまりにも似合っているので(笑)ビリーとの友情もほんわかしていい感じでしたね。

そして、舞台がはじまりいよいよビリーの登場。この大人になったビリーをあのアダム・クーパーがやってます。それが後ろ姿を見ただけでもう、( ̄ρ ̄)ハゥゥゥなんです。
これ、古典な白鳥の湖じゃなくてマシューボーンの「白鳥の湖」なんですよね。それがとてもおしゃれ。

ビリーの白鳥が飛び出してジャンプした姿を見たお父さんの顔が、これまた涙を誘います。
あぁ~だけどこれでおしまい。願わくばもっと見たかったアダムのバレエ。

ここで、マイケルのセリフに(= ̄∇ ̄=) ニヤリ。
ゲイなマイケルは、マッチョな彼を連れて見に来てましたが、兄から君も来ていたのかと聞かれ「これは見逃せないよ」と答えてます。

(=^^=) ニョホホホこの白鳥の湖は、男がスワンをやってますから当然王子も男でとてもゲイちっくなバレエなんですね。だからマイケルの目がランランとしていたんですね。
まぁ、ビリーを見に来たというのもあるんでしょうけれどね。(* ̄m ̄) ププッ
はぁ~、この映画メチャメチャ感動しました。また「白鳥の湖」が見たくなってきましたよ~。
↓アダム・クーパー主演映画のラストで踊った「白鳥の湖」のDVDです。ほしい~~。


タイトル: チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」

そして映画のサントラも抜群です。
T-レックスの曲が好き。とても映画にマッチしてました。

アーティスト: サントラ, T-レックス, スティーヴン・ゲイトリー, ザ・ジャム

タイトル: リトル・ダンサー

私の中で大好きな映画の1本になりました。



スポンサーサイト

リトルダンサー仕事が早い(笑)  わたしが育った時代はまさにビリーのような家庭はざらにありましたねバレリーナになりたい子供は流石にいなかったけど貧しい中 親が子供に夢を託して一生懸命働いてました それだけでも 泣けるのにTレックス
だものね それにあのラスト もっと見せてよ~と唸りました もう 胸一杯で このイギリス映画にドキドキしました 私の映画人生は父に連れられてみた《007ロシアより愛をこめて》で始まり その時,予告編で初めてA HARD DAYS NIGHTで BEATLESの洗礼を受けました
オマセな子供で大人のフランス映画やイタリア映画を見て育ったため今もいい年をして夢見る夢子さんなんです(笑)

■輪さん

う~ん、すごい輪さんの映画遍歴(笑)
私なんてゴジラとか怪獣映画見て喜んでいた口ですから、なんか次元が違うみたい(汗)

この映画に似た雰囲気でユアンの「ブラス!」も私は好きでした。
イギリスの炭鉱ものってなんか、仲間意識が強くて泣けます。

夢見る夢子さんは、私も同じ。
妄想だけで生きてます(笑)

Secret

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

アクセル

Author:アクセル
ジョニーを好きになってから映画が大好きになりました。
ミーハーなのでお気に入りの人が増殖中(笑)
そして、遅咲きながらロックにも嵌ってます。
韓ドラやK-POPも大好き。
こちらもミーハーしています(笑)

■私の好きな俳優
♥ジョニー・デップ
ユアン・マクレガー
ジョナサン・リース・マイヤーズ

■好きなバンド
Guns N' Roses
Negative
Cinema bizarre
COLDPLAY
Linkin Park
Velvet Revolver
Saliva

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめ商品

ジョニー・デップDVD情報

サーチ

英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。