10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ミスティック・リバー




タイトル: ミスティック・リバー

ハァ~重い映画を見てしまいました。
ちょっとしたことで運命がこんなにも変わるなんて。。

少年時代、遊び仲間だったジミー、ショーン、デイヴ。あるときデイヴが車で連れ去られ、性的虐待を受けて帰って来る。それから25年後、ジミーの娘が何者かに殺され、同じ夜、血まみれで帰宅するデイヴ。刑事になっていたショーンが事件を担当することになり、3人の運命が改めて交錯する。

あの時正直に答えたデイブだけがひどい経験をしてトラウマを抱えて生きている様子がよくわかり、またそれが切なくて胸を打ちます。最初は、犯人は誰?ってところに引き込まれて見ていたのですが、途中からこの3人の係わり合いで人間ドラマを描いている作品なんだと気づきました。

これは、最後の最後になってくると苦しくなってくる映画でした。

最初は、この3人の目線で見ていましたが、最後は、なぜか妻の目線。
なんでデイブの奥さんは、信じてあげられなかったんだろうかと。。
ジミーの奥さんの「あなたのすることは、いつも間違っていない」という自信たっぷりの言葉。
何も話そうとしないショーンの奥さん。

最後のパレードでその家族の様子がありあり。。
ダンナを信じなかったあなたが悪いのよ。と言った勝ち誇ったような視線を投げかけるジミーの妻。悲しさにオロオロして子供の名前を叫ぶデイブの妻。
ショーンと元サヤに収まった妻。


妻の存在でこれまた運命も変えられてしまうことも、なんか怖いかなぁと。。
ちょっと“正義は力”みたいなアメリカを象徴してなくもない映画で、最後スッキリしませんでしたが、もう出演している人の力のある演技にぐいぐい引き込まれた作品でしたね。

特にこれでオスカーを取ったショーン・ペンってやっぱりすごい役者さんだなぁとマジマジ思いました。あまり好きなタイプではないですが、ちょっと21グラムといい見直した感じです。

スポンサーサイト

theme : 洋画
genre : 映画

TB&コメントありがとうございました!

いよいよ日本対韓国の準決勝。運命の試合が始まりますね。みんなで日本を応援しましょう!

★映画三昧さん

やりましたぁ~♪
日本が勝ちましたね。
イチローは、すごい!!

こんばんは!はじめまして。

日本やりましたねー!!
ミスティック・リバー トラックバックさせていただきました。

★Coloさん

はじめまして!
TBありがとうございました。
王ジャパンおめでとう!

はじめまして、ホーギーと申します。
本作では、監督に専念したクリント・イーストウッドの作品だけあって
豪華キャストの持ち味を十分に活された傑作だと思います。
特に、最愛の娘を殺害された父親ジミーを迫真の演技で熱演した
ショーン・ペーンと、子供の頃に受けた暴行によりトラウマとなった
デイブをリアルに演じたティム・ロビンスの演技がとにかく
素晴らしいですよね。
是非、多くの映画ファンに観て欲しい作品だと思います。
ということで、これからも、どうぞよろしくお願いします。
なお、TBもお願いします。

★ホーギーさん

ほんとにクリント監督の作品は、考えさせられるものが多くて(笑)

そそ、この二人の演技が素晴らしかったですよね。
それに絡む奥さんたちの葛藤も。。

遅レスですみませんでした。m(;∇;)m ゴメンネ
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミスティック・リバー

川は全てを包み、全てを流してゆくのか

ミスティック・リバー

役者としてのイーストウッドは好きだけど、監督としてはどうなんだろう。「許されざる者」は好きになれなかったけど。。。ずいぶんと待たされました。本作品。話題性なのかなぁ。

『ミスティック・リバー』~映画と原作の関係2

『クラッシュ』での映画君のコメントを読んで、どうしても『ミスティック・リバー』(2003年)について書きたくなった。なぜかというと、イーストウッドのことが好きな井筒監督でさえ、この映画のこと、ちゃんと理解されていなかったから…。深夜テレビの「こちとら自腹

WBCで大事件!「世紀の大誤審」が起こるべくして起こったアメリカ的体質

多くの問題を抱えたまま第一回の開催となった国別対抗野球=WBC(ワールド・ベースボール・オブ・クラッシク)で、日本のプロ野球とメジャーリーガーの代表が初めて真剣勝負を繰り広げる、そんな心待ちにしていた歴史的な試合を昨日、5時半に早起きして、「途中まで」

ミスティック・リバー

ミスティック・リバーを観ました。これはクリント・イーストウッドが監督だったとは知りませんでした。出演は有名どころがずらりと並びます。

ミスティック・リバー

ワーナー・ホーム・ビデオ ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉 (2003) 出演 ショーン・ペン (ジミー・マーカム)    ティム・ロビンス (デイブ・ボイル)    ケヴィン・ベーコン (ショーン・ディバイン)    ローレンス・フィ

カオスの色

初めまして、こんにちは!”ミスティック・リバー”でTBさせていただきます。白黒はっきりしないところがこの映画の良さかなと思いました。確かに、「ミスティック・リバー」なんかは、すっきりしない、と思う人が多いだろうね。でも、僕は、これこそが現実...

ミスティック・リバー

監督:クリント・イーストウッド 出演:ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン、ローレンス・フィッシュバーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン...「もうひとつの「スタンド・バイ・ミー」を見るために、あ

ミスティック・リバー

川が淀みながらも悠然と流れている・・・いつの日も変わらずに・・・

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

アクセル

Author:アクセル
ジョニーを好きになってから映画が大好きになりました。
ミーハーなのでお気に入りの人が増殖中(笑)
そして、遅咲きながらロックにも嵌ってます。
韓ドラやK-POPも大好き。
こちらもミーハーしています(笑)

■私の好きな俳優
♥ジョニー・デップ
ユアン・マクレガー
ジョナサン・リース・マイヤーズ

■好きなバンド
Guns N' Roses
Negative
Cinema bizarre
COLDPLAY
Linkin Park
Velvet Revolver
Saliva

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめ商品

ジョニー・デップDVD情報

サーチ

英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。