09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■魔法にかけられて

さすがディズニー映画、期待を裏切りません。
アニメの世界の感覚が現実の世界にうまくマッチングしているのが、うまいなぁ。

真実の愛とは。。現実の世界には夢も希望も無いと思えるけどジゼルの天真爛漫な生き方にちょっと夢を見させてもらえるその爽快感がたまらないです。

今日は、時間が合わなくて吹き替えだったけど、やっぱり歌は字幕で見たかったかも。。
やっぱりミュージカルは、愛だよね~~♪

そして、アニメキャラそのものの王子様がいいわん。
彼は、ヘアスプレーの司会者の人、Xマンの彼だったのね。
ち~とも気が付かなかったよ。。

一番受けたのはリスだったけどね。王子との絡みは、バツグン。
ディズニーが好きなら、いろんなシーンでオマージュがあるのでそれを見つけるのも楽しいかも。

私は、赤頭巾の話しがお気に入りだったけど(笑)

あまり若い配役では、なかったけれどそれがとても私には愛について語るのには、真実味があってよかったかな~。

久々に楽しい気持ちで映画館を後にしてきたのでした。
スポンサーサイト

theme : 魔法にかけられて
genre : 映画

■ミッドナイト イーグル

見たのに感想書かずじまいで、忘れてしまった感あり

カメラマンの大沢くんが撮った写真を確かめようと雪山に登ったらそこには、とても日本にとって重大な危機が迫っていたというようなお話し。

そそ、ほんとに話しを聞いているとメチャ大変な事件なのに、なぜかそんな危機感が感じない。
敵の存在もどこの誰?状態だし、なんでそんな事件なのに自衛隊がこんなにも弱いのか。。

隊長役の吉田栄作もず~~っと気が付かなかったよ(笑)
でも、この人いい味だしていました。
結局、事件は意外な方法で片付いてしまったけど、なんだかなぁ~という感じ。

雪山だったら織田祐二の「ホワイト・アウト」の方がおもしろかったな。

theme : 映画感想
genre : 映画

■マッチポイント

324444view004.jpg



これ、飛行機の中で見ました。
でも、あいにく字幕が無くて意味がチンプンカンプン。
それに、何かと言うとすぐジョナサンとスカーレット・ヨハンソンが絡んでいるので、ちょっと見ているのが恥ずかしかったな

まぁ、ジョナサンが野心家になって地位と財産を築いて行くんだけれどこのスカーレット・ヨハンソンに溺れてしまうのよね~。
そしてラストが。。あぁ~もう忘れてしまっているよ。オイ

なんとなくこの人見ただけでエロイよね。
女の目から見てもセクシーな彼女。
男だったら誰でも落ちてしまいそうで、無理ないか。。(笑)
そういうジョナサンも撮影中は、スカーレット・ヨハンソンの胸ばかりに目が行ってしまったと告白していたくらいだからそうとうなものだよね(爆)つうかジョナサンもっと真面目に仕事しろ~

でも、この映画でちょっとまた違う大人の男を感じさせてもらえてうれしかったかなぁ。。
やっぱりこういう役は、ジョナサンってうまいよね。
少し演技派になったようで私は、内容ともかくジョナサンだけでざます!!

theme : 映画感想
genre : 映画

■M:i:Ⅲ

最初から、ハラハラさせてくれる出出しでこれでもか~とアクション満載。

大音量でお腹に響きましたぁ~、これクセになりそうな快感(笑)

事件は、次から次へとミッションが言い渡されそれを実行していく下りは、やっぱり楽しいです。

それに、今回は私に好きなジョナサンがトムの相棒ということもありいつもにまして贔屓しちゃいます。

ジョナサンの変装もかわいかったなぁ~~
トムとうまく絡めるのか心配だったけれど、無難にこなしていたね。

もうちょっとアクションシーンがあると、うれしかったけれどまぁ、ジョナサンは、鑑賞用でいいのであれぐらいでいいかな(笑)

その代わりトムは、ようがんばった!
トムのアクションシーンは、かなりドキドキさせられました。
次から次へと休みなく続いていたので、終わったらかなり体力消耗していたみたいでヘロヘロでしたよ。

でも、これは理屈ぬきに映画の醍醐味を味わえるハリウッド映画でおすすめ。

theme : M:i:III(ミッション・ インポッシブルIII)
genre : 映画

■容疑者 室井慎次

容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次
柳葉敏郎 (2006/04/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


交渉人 真下正義の映画を見たとき終わりの方でこの映画の伏せんがあったのでとても楽しみにしていたのです。
結局なんだかんだ忙しくて映画館へは行けず残念と思っていました。

でも、室井さんが捕まった理由があまりにも突拍子もないことだったので拍子抜け。これだったら警察官はごまんと留置所に入らなきゃならなくなってしまうよね。

室井管理官は、実は踊る~の中では、青島刑事の次に好きなキャラで期待していたんだけれど、この映画では、シリアス路線の室井さんが寡黙すぎてちょっとじれったい(^▽^;)

その分田中麗奈の弁護士役のはつらつさで救われた思い。
ちょっと若すぎるから、大丈夫かなぁ~とこちらも心配の面持ちでしたが、最後は、あの憎たらしい弁護士をギャフンと言わせてくれたのでスッキリさせてもらえました。

でも、この映画警察庁と警視庁の確執ばかりで室井さんは、その被害者っぽくて見ていてイライラしました。
特に、あの弁護士役の八島さんは、久々ムカツクキャラでしたよ。

それだけに最後のオチが残念!
一世風靡セピア時代の仲間哀川翔との絡みももっとあったらたのしかったのになぁ。

やっぱりところどころに、青島刑事が出てくれたらもっとおもしろく出来たんだろうなぁと思ってしまいました。

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

■マッチスティック・メン



タイトル: マッチスティック・メン 特別版

いやぁ~、騙されたぁ、見事にね。ヾ(☆▽☆) アハアハ
ドラマは、ニコラス演ずる詐欺師のお話し。
詐欺をしているニコラスのもとに昔別れた奥さんの子供がひょっこり現れてそこから物語が以外な方向へと進んで行くんだけれど、このニコラスがものすごい潔癖症で病的なんです。もう、チック症状もうま~いケイジの演技にビックリしました。

その、病気も子供と触れ合っていくことで、だんだんよくなり自分にとってかけがえの無い存在になってきたところで話しの展開もおもしろくなってきます。後半になってもしかしたら。。と読めてくるのですが、最後の最後にどんでん返しが。。。

|)゚0゚(| ホェー!!そうきたかぁ~と。。。
もう、ニコラスのあまりにも子供を思う心情に涙まで流した私なのによくも騙したなぁ~とくやしい思いが。。(笑)

でも、これで終わりなのかなと思ったらまだ最後にありました。
あぁ~そうしたらこれってとてもよい終わり方でしたよ。
ニコラスもハッピーでね。家族の大切さを描いたドラマ?だったのかな。
なんか騙されてもすがすがしい気持ちになるおもしろい映画でした。

でも、一番騙されたのはこの子供を演じているアリソン・ローマンって言う子。“子”なんて書いてしまいましたがほんと14歳を見事に演じているんです。それが22歳だったなんて~~(^▽^;)
これが、一番の詐欺でしょう。ほんと信じられない。ヾ(>▽<)oきゃはははっ!

■めぐりあう時間たち



アスミック

めぐりあう時間たち DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)

三つの時代の三人のそれぞれの一日から始まって行きます。
それも同じような出だしから。。
当然、これは3つの話が軸になって話が交差していくんだなと感じさせてくれます。
だから、気持ちを引き締めて見ないとわからなくなるかもと緊張気味(笑)
それにしても、なんの予備知識も持たないで見たのでハァ~重い。

三人の話の中でも普通の平凡な主婦をしていたローズに、なぜか感情移入。
幸せそうに見えても身の置き所のない孤独感が、とても出ていてなんか切なくなってきました。

また、この子供がすべてを察しているようでこれまたいじらしさと切なさが。。
後々、この3つの話が一つになるのですが、以外な展開にビックリしました。
生と死を扱ったテーマーだったので、考えさせられることが多かったですね。

それにしても、私ずーっとニコールがヴァージニア・ウルフだとは気が付かなくていつ出てくるのがなぁと待っていたんです(笑)しばらくしてやっとわかったけど、鼻の形とノーメイク?でこんなにも変わるんですね。
写真で見たヴァージニア・ウルフとソックリでした。ニコールの気を感じさせない演技にビックリしました。

そしてローズを演じた女優さんも、アレ?どこかで見た顔。
誰だろう~と必死に思い出したら、「妹の恋人」のお兄さんの恋人役だった人でした。
ヒャァ~、彼女もこんなすんごい女優さんだとはつゆ知らず。
私は、ジュリアン・ムーアの後半のセリフにググっと来ました。

これは、「ダロウェイ夫人」を読んで見た方がもっと詳しく話しがわかるかもです。
1回では、ちょっと心にもやもやが残ってしまいました。
重厚なドラマに演技派の女優が絡みとても見ごたえのある作品でした。

theme : 感想
genre : 映画

■マスター・アンド・コマンダー


タイトル: マスター・アンド・コマンダー

ウ~~ム、ジャック船長とは言ってもこちらのジャク船長は、かなりの硬派です。それに太目だし。
(この役のために体重増やしたそうです)
話しも時代考証もしっかりされているらしく、船の様子もパイレーツとは大違い。それに戦闘シーンはかなり迫力があり、パイレーツよりも見ごたえがありましたね。

ひたすら航海シーンなので、ちょっと窮屈な感じで船酔いしそうでした。(笑)
それに、見事に“男の海”っていう感じで女の人の出るシーンは、途中に寄る港だけです。それもモノ欲しそうに見るだけ(爆)。いいですね~徹底していて。

いいんです、そんな色気なんてなくたって。変わりにしっかり可愛い坊やたちがいるじゃないのよ~やん♪(/.\*)ささ、イケメン発掘なぁ~んて思っていたら戦闘シーンにあんな幼い子まで戦っているのかと思うと胸が痛みます。

珍しいガラパゴス諸島の自然な風景も見られるので、ちょっとC=(^◇^ ; ホッ!するかもです。
ジャク船長の変な駄洒落も聞けるしも囮作戦で強い敵を欺くシーンなんておもしろかったです。でも、相手もそれなりに欺いていたのでいいぞ~という感じ。(* ̄m ̄) ププッ

最後は、なんかジャックと船医(ポール・ベタニー)とほのぼの~って感じで終わってしまったんですがいいんですかね。(笑)この二人の友情の描き方もよかった映画でした。

そうそうジャック船長のラッセル・クロウはなかなか渋い声で、ちょっとクラクラしました。でも、ジャック船長対決ならやはり私は、ジャック・スパロウってことで(爆)

theme : 映画感想
genre : 映画

■Mr.&Mrs. スミス



ジェネオン エンタテインメント

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション
これも飛行機の中で見ました。アハハ。。もう寝るのが勿体無くて必死に映画見ていましたよ~。
一瞬で恋に落ちた二人。でもその素性は知らないまま。
お互いが殺し屋家業をしていたなんて、知る由もなくそれがバレる日がとうとう来てしまい。。。

二人の格闘は迫力ありましたね。さすがアンジーです、アクションもブラピにはひけをとりません。おまけにセクシーですからね。やっぱりこの魅力にブラピも落とされてしまったか。。。なんてね。

どうもワイドショー的な目線でこの映画見てしまいました。この映画で出来てしまった二人なので、もうこのときは、感情移入しているんだろうかと二人の絡みにジェラシー(笑)

アンジーに尻に引かれ気味のブラピにも笑えるけど、実生活もこんな感じかもとついいらぬ想像が邪魔をしてしまいます。まぁ、お茶目なブラピが可愛かったということとストリー的には、先が読めてしまいアクションの豪快さと男の人だったらアンジー、女の人だったらブラピが楽しめるという映画でしたかね。

まぁ、どうでもいいことですけどやっぱりこの二人私の目から見て、どうなのよ?っていうカップルですけど~。単なる美男、美女のカップルに嫉妬しているだけなのかもしれないね。

う~ん、二人の肉体美がうらやましいつうことで。。

theme : 映画感想
genre : 映画

■ミスティック・リバー




タイトル: ミスティック・リバー

ハァ~重い映画を見てしまいました。
ちょっとしたことで運命がこんなにも変わるなんて。。

少年時代、遊び仲間だったジミー、ショーン、デイヴ。あるときデイヴが車で連れ去られ、性的虐待を受けて帰って来る。それから25年後、ジミーの娘が何者かに殺され、同じ夜、血まみれで帰宅するデイヴ。刑事になっていたショーンが事件を担当することになり、3人の運命が改めて交錯する。

あの時正直に答えたデイブだけがひどい経験をしてトラウマを抱えて生きている様子がよくわかり、またそれが切なくて胸を打ちます。最初は、犯人は誰?ってところに引き込まれて見ていたのですが、途中からこの3人の係わり合いで人間ドラマを描いている作品なんだと気づきました。

これは、最後の最後になってくると苦しくなってくる映画でした。

最初は、この3人の目線で見ていましたが、最後は、なぜか妻の目線。
なんでデイブの奥さんは、信じてあげられなかったんだろうかと。。
ジミーの奥さんの「あなたのすることは、いつも間違っていない」という自信たっぷりの言葉。
何も話そうとしないショーンの奥さん。

最後のパレードでその家族の様子がありあり。。
ダンナを信じなかったあなたが悪いのよ。と言った勝ち誇ったような視線を投げかけるジミーの妻。悲しさにオロオロして子供の名前を叫ぶデイブの妻。
ショーンと元サヤに収まった妻。


妻の存在でこれまた運命も変えられてしまうことも、なんか怖いかなぁと。。
ちょっと“正義は力”みたいなアメリカを象徴してなくもない映画で、最後スッキリしませんでしたが、もう出演している人の力のある演技にぐいぐい引き込まれた作品でしたね。

特にこれでオスカーを取ったショーン・ペンってやっぱりすごい役者さんだなぁとマジマジ思いました。あまり好きなタイプではないですが、ちょっと21グラムといい見直した感じです。

theme : 洋画
genre : 映画

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

アクセル

Author:アクセル
ジョニーを好きになってから映画が大好きになりました。
ミーハーなのでお気に入りの人が増殖中(笑)
そして、遅咲きながらロックにも嵌ってます。
韓ドラやK-POPも大好き。
こちらもミーハーしています(笑)

■私の好きな俳優
♥ジョニー・デップ
ユアン・マクレガー
ジョナサン・リース・マイヤーズ

■好きなバンド
Guns N' Roses
Negative
Cinema bizarre
COLDPLAY
Linkin Park
Velvet Revolver
Saliva

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめ商品

ジョニー・デップDVD情報

サーチ

英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。