07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスペンダブルズ2



出だしからぶっ飛ばし。すごいわぁ。。
みんなそれなりに歳を取っているのにすこぶる元気!
ところどころのセリフに笑えるツボあり。
タダぶっ飛ばすだけの単純な映画だけど、なんだろうこのアクションスター
勢ぞろいは、やっぱりワクワクしてしまう。
この世代のスター層の厚さを感じるとともに、歳を感じさせないアクションに
私もまだまだがんばらねばと元気を分けてもらえるそんな映画でした。

スポンサーサイト

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望



踊るシリーズのファイナルで楽しみにしていたのに、なぜか途中で寝てしまうという失態。
出だしの音楽でワクワクしたのにな。
青島君とすみれさんの絡みが少なく、事件解決も青島中心。
謎ときもスイスイ、極めつけはあのトラック。
もう、音でビックリしましたわ。つうかこれで解決。ん~~どうなの。
さすがに15年というだけあって主役もあちこちガタがきているところが、なんか共感するというか笑えるというか人生を感じるよね。お互い歳を取ったよねと思いました(笑)
私的には、ちょっと物足りない終わり方だったかな。

■ウォーりー

329124view001.jpg

前半は無声映画でけど、その表情とか日常の仕事ぶりはいかにも人間臭くてロボットということを忘れてしまいます。

そう、ウォーリーはこのゴミだらけの地球を捨てた人間より人間らしいロボットなのかも。
だから、イブに対する愛もひたすら健気で一筋でホロリとさせてもらえます。

でも、この私肝心のところで意識を失っていたみたい(涙)
いつもは、寝ないでいるのになんでだろう急に眠気が襲ってきちゃって。。
やっぱりセリフが少ないからかなぁ。。

エンドクレジットもとても凝った作りです。未来型ロボットでは、あのお掃除ロボットが私はお気に入りだったな。かわいいんだもん。

でも、ぶっちゃけウォーリーが始まる前の、ミニシアターの方がめちゃ受けして私は、こちらのがおもろかったよ~~。あの映画だけでも私は満足(笑)

theme : ウォーリー WALL-E
genre : 映画

■インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

329623view001.jpg


いや~インディ・ジョーンズの登場の仕方がカッコいい~♪
ちょっとパイレーツのジャック・スパロウ並に私には、ポイント高し(笑)

ハリソン・フォードもこういう映画なら、若く見えるというか生き生きして見えるから不思議。
アクションは、やっぱりスタントの人が多いのはしょうがないけど、それでもハラハラドキドキの部分も楽しめたからいいかな。。

敵役のケイトがなかなかステキでした。そのしぶとさもね(笑)

お宝ものと単純に思っていたのに、最後はヘェ~~と以外な終わり方でした。

やっぱりこのテーマー曲を聞いちゃうとワクワクしちゃうよね。
1作目からのオチもついてめでたし、めでたし(笑)

■イルマーレ

イルマーレ イルマーレ
キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック 他 (2007/05/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


時間軸のある大人の恋愛物語。
韓国バージョンは、見ていないので私は、そこそこ楽しめました。

この二人「スピード」以来の共演だけれど、やっぱり息もピッタリで見ていてもシックリ来ますね。

2年というタイムラグをどこで、どう繋げて行くのか。。
会えそうで会えないもどかしさ。。

いいなぁ。。こういうのって。。
やっぱりラスト近くになると、どうなるの??って感じで
点が線に繋がって行くところで、あの時のあの事件がそうなのかぁ。。
と読める展開になって行くけれど、それでも私は泣いてしまいました。

ラストの終わり方にちょっと疑問もあるけれど、まぁ、キアヌとサンドラだからいっか(笑)

■蒼き狼 地果て海尽きるまで

20061102001fl00001viewrsz150x.jpg



昨日見て来ました。
友達に誘われたので、何も予備知識ナシ。

モンゴルが舞台でも、登場人物は日本人。
物語は、なんとチンギス・ハンの生涯を綴った歴史ものでした。

チンギス・ハンの名前は知っていてもその歴史的背景は、わからないのでこれみてかなり勉強になりました。

それにCGは、使わずほんとにたくさんのエキストラと馬の数。
これもお見事なんだけれど、どうも勿体無い感じ(笑)

チンギス・ハンになる反町くんの演技は、とてもよかったけれどどうも重鎮になる存在がいないせいか、ちょっと映画が軽く見えてしまったかも。。

チンギス・ハンの生い立ちの葛藤が、そのまま自分にも繰りかえされる皮肉な運命。
そんな心の葛藤が痛いほどわかるので、最後のシーンは涙を誘います。

モンゴルの壮大な映像美に感動でした。

theme : 蒼き狼 地果て海尽きるまで
genre : 映画

■「オータム・イン・ニューヨーク」

オータム・イン・ニューヨーク スペシャル・エディション オータム・イン・ニューヨーク スペシャル・エディション
リチャード・ギア (2006/02/10)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


リチャード・ギアとウィノナ・ライダーの恋愛映画。

ギアさまは、高級レストランのオーナーでかなりのプレイボーイ。

ウィノナはまだ学生。そんな二人がひょんなことから知り合い恋に落ちるまでを描く。

でも、このギアさまはウィノナの母親とも付き合ったことがあるというからオドロキ。そんな親子ほどの歳の差を感じさせないギアさまの大人の男の演技がステキ。

と、なんとなくロマンチックなニューヨークの背景に酔ってしまうんだけれどなんだかな~~。

この二人、今ひとつ私の目から見ると冷めているように見えてしまうのよね。

お互い惚れているのにな~にか違う空気が流れているような。。

一人、一人の演技はとても素晴らしいのに二人だと噛みあわない。相性がよくないのかしら。

ウィノナ大好きな私としては、彼女の可愛らしさだけでも満点なんだけれどな。

何が悪いというのでは、ないんだけれどありきたりなストーリーがつまらなかったのかしら。(不治の病)

もっと泣けると思ったのに、ちょっと残念。でも、ニューヨークの秋の景色はとてもきれいだったのでそれだけでもロマンチックなフインキにバッチリ浸れるのでおすすめ。

この手の恋愛映画だったら「スウィート・ノベンバー」の方が好きかも。。

■X-MEN:ファイナル ディシジョン

テレビでしっかりと「1」と「2」を復習していたお陰でちゃんと流れがわかったので、とても楽しめました。

私は、このファイナルが一番楽しかったかも。
なんと言ってもミュンタントのいろんな能力が見もの。
いっぱい出て来てごちゃごちゃだけど、それぞれの能力を生かしながらの戦いはおもしろいです。

でも、その能力のお陰で日陰者扱いというのもくやしいよね。
今回のテーマーは、その能力を無くす薬が開発されどう使用していくかで、ミュータントたちの葛藤や戦いが始まってしまうもの。

そして、「2」で死んだと思われていた人の復活。
レベル5の能力を持つジーンは、最強のミュータントだったんですね。

それにもまして、一番地味な能力かな~と思っていたウルヴァリンがほんとはとてつもない力を発揮していたんです。
あれって、ある意味不死身だから彼が一番のミュータントじゃないですかね。

あとは、プロフェッサー&マグニートーの昔の関係とかもわかりちょっとこの二人の対決も気になるところです。

一番感動したところは、やっぱマグニートの橋を動かしてしまうところでしょ。あれは、すごかった。。

今回は、ミュータント同士の争いで普通の人間に戻るのが幸せなのか考えされられるものがあったことと、今までのキャラが惜しげもなくいなくなってしまうところも見所の一つでしょうか。

そして、ファイナルと言っていたわりにはエンドクレジットのおまけのシーンであれ?って。。

一瞬目を疑いましたが、確かにあの人ですよね。
思わず続くのか?と口に出してしまいましたよ。(笑)

マグニートにも思わせぶりがあったし、これはまだまだ楽しめる映画になりそうですね。

theme : 映画感想
genre : 映画

■「海猿」

海猿

この前TVでやっていました。
最近の邦画は、かなり楽しくなって来たのでこちらも公開中は、わりと評判よかったので期待していましたが、ちょっと「愛と青春の旅たち」を思わせるストーリーでしたね。

上官にあの渋い藤竜也。。ジュリーのドラマ「悪魔のようなあいつ」の時には男の色気をムンムン放っていたのに、今回はそんな色気なんてなんのその渋い~~竜也だったぁ。これもいいね。♡

海上保安庁のエリートは、潜水士だなんて知りませんでした。
でも、この訓練もかなりのもの。
出演者もちゃんと訓練をしたとか。。
演技もリアルぽかったし、なんと言っても締まった体がまぶしかったです(〃∇〃) きゃっ♪

その中でのエリートと落ちこぼれのコンビ。バディと言って潜るときは一緒に行動するのですが、この落ちこぼれ伊藤君がいいんですよね。
いろんな訓練で挫折があったりで友情が芽生えていくところは、やっぱりステキ。こういう話の展開に弱い私です。

最後の最後にも試練がくるけれど、昔上官が起こした事件と同じ展開でどう対処するか?そこも見ものでした。

話の展開は、ベタだけれどやっぱり男の友情ものに弱い私は、涙もんでした。加藤あいとの恋も淡くていい感じ。

海上保安庁も協力したこの映画は、それなりに迫力もありよかったのでは。。
今、公開されている「LIMIT OF LOVE 海猿」も気になるところです。

theme : 映画感想
genre : 映画

■アイランド

アイランド

行って来ましたぁ~~。映画の日と夏休みとあってもう映画館が混みこみ。それでもネット予約してあったのであの列で並ばずによかったぁ~とホッとしました。

それにしても(*ノェノ)キャーユアンすてき~~。
走って、走ってどこまでも~。見ているこちらも息切れしそうなアクションがてんこ盛り。
すんごいです、ユアンってばまだ若いよね。体もだいぶシェイプアップしていたし。。

だけど、脱いだ体を見て驚いた(◎_◎;) おぉぉぉぉっ!こんなに胸毛濃かったっけ??
なんか毛むくじゃらに見えてしまったのは、私の目の錯覚だったのかなぁ。
まぁ、胸毛苦手な私でも、ユアンは許してしまうわ。(σ。σ)♪うふ

ちょっと予告編でだいぶネタばれしているけどアクションシーンは、すごかったですね。こちらは迫力満点でした。近未来の作りは、とても素晴らしくて、見ていて楽しかったですね~。
それに本物ユアンとクローンユアンの対決は、おもしろかったです。
ユアン2倍でウホウホ~。クローンでも性格は違うんでしょうかね。

時々見せる本物ユアンのユアンスマイルにやっぱ私も、(= ̄∇ ̄=) ニマ~~としてしまいました。
ああ出来れば、クローンユアンお持ち帰りしたかったですね。
でも、クローンで自分が長生きするってのもなんだかなぁ~。それに自分と同じ人間がこの世に存在すること自体やはり気味悪いですね。そうクローンの製造シーンは、ちょっとグロかったのです。

そそ、私この前見た「ラブ・スクール」で気になっていたイケメンくんがちょこっとのシーンで映っていたのでびっくり~。すかさず、チェック出来た私の動体視力にも感心。ププ。。
ユアンを見ているだけだと思ったら、しっかりイケメンチェックしている自分に笑えました(爆)
あ~でも、アクションのユアンも最高でした!!

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

アクセル

Author:アクセル
ジョニーを好きになってから映画が大好きになりました。
ミーハーなのでお気に入りの人が増殖中(笑)
そして、遅咲きながらロックにも嵌ってます。
韓ドラやK-POPも大好き。
こちらもミーハーしています(笑)

■私の好きな俳優
♥ジョニー・デップ
ユアン・マクレガー
ジョナサン・リース・マイヤーズ

■好きなバンド
Guns N' Roses
Negative
Cinema bizarre
COLDPLAY
Linkin Park
Velvet Revolver
Saliva

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

おすすめ商品

ジョニー・デップDVD情報

サーチ

英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。